一圓融合(いちえんゆうごう)とは
 「一圓融合(一円融合)」は、二宮尊徳の報徳思想にある考え方です。この世で相対するものは、すべてが互いに働き合って一体となっている。だから別々に切り離して考えるのではなく、一つの円の中に入れて見る。その一つの円の中で、すべてのものが互いに働き合い、一体となったときに初めて結果が出るというのが「一円融合」です。企業社会においては、企業と人、企業と地域、企業と企業、すべてのものがお互いに働き合い、力を合わせて一つになることの重要性を示しているといえます。
 さらに、水や植物が永遠に循環するという自然の理(ことわり)からすれば、自然と人・企業との持続的な調和、まさに「サステナビリティ」を意味するといえます。



本「一円融合」サイトも開設より3年の節目を迎え、その間、企業からの震災対応の貴重な情報、識者からの社会への重要な意見・提言、二宮尊徳の示唆に富む生き方を発信することができ、一定の役割を果たせたと考えております。

「一円融合」は、日本社会や企業のサステナビリティの基軸であり、その重要性は、ますます高まっていくものと考えており、今後も、弊社の事業活動を通じて、日本社会、企業の「一円融合」を目指し、持続的に活動していく所存です。

最後に、閲覧くださった皆様、メッセージをお寄せくださった企業の皆様、そして、執筆者の皆様に心からの感謝を申し上げます。
有難うございました。

2014年3月

株式会社インテグレックス
代表取締役社長 秋山をね


3・11後の企業行動

目次

第36回  「建築と土地利用の環境評価基準における日本の常識と世界の常識。3.11を契機とする収斂と乖離」
CSRデザイン&ランドスケープ株式会社 代表取締役
一般社団法人グリーンビルディングジャパン 共同代表理事
平松 宏城
第35回  「3・11で見えた光」
認定NPO法人フローレンス 代表理事   駒崎 弘樹
第34回  「企業経営として『美の追求』を」
公益社団法人 日本マーケティング協会 理事長(代表理事)   
・慶應義塾大学名誉教授   嶋口 充輝
第33回  「企業の得意分野を活かして、公立小中学校で児童生徒の育成を!」
横浜市立市ヶ尾中学校 校長   平川 理恵
第32回  「人が大切にされる、社会のあり方を求めて」
特定非営利活動法人 日本NPOセンター
常務理事・事務局長   田尻 佳史


二宮尊徳7代目子孫
    中桐万里子のワクワク ドキドキ

第34話(最終話) 「一円融合にむけて」




企業一覧


















法令・コンプライアンス・危機管理等に関する最新の動向を、それぞれの分野を専門とされる弁護士等により執筆寄稿された、「インテグレックス ホットプレス」は以下よりご覧いただけます。なお全体の監修は弁護士法人ほくと総合法律事務所の中原健夫弁護士にご協力いただいております。

免責について                    

 本ウェブサイト(一圓融合(一円融合))によって提供する情報は、当該企業各社から入手した情報を原文のまま掲載しており、情報の真偽や正確性、完全性などを保証するものではありません。また、本ウェブサイトによって提供する情報は、情報提供のみを目的としており、証券投資等の勧誘を意図するものではなく、直接または間接的に投資を促したり、売買を促すものでもありません。本ウェブサイト上の情報に起因して利用者および第三者に損害が発生したとしても、当社は一切の責任を負いません。